手相の原理

手相占いをしたことがある人は多いと思います。

そもそも手のシワはどのような原理で形成・変化していくのでしょうか。

手のシワは骨格、筋肉や筋の運動、脳の発達とも繋がっているとされています。その多くは、
環境の変化に伴います。また、食生活や自身の行動なども、性格・心理を変化させ、
それが結果として手相として形成されるのです。

この人柄の違いを確認しやすい体の部位である手のシワから、その人の性格を分析するのが
手そう占い師なのです。

生き方の傾向が如実に表れる部位が手のシワであるからこそ、分析ができるのですね。

よく「手相は変わる」とよく言われますが、どれくらい時間が経つと変わるものなのでしょうか?

同じトレーニングをしても筋肉の付き方や付くスピードが人によって異なるように、
手相が変わるスピードにも個人差があるので、周期は人によって大きく異なります。

一般的に生命線、頭脳線、感情線などの基本となる線はあまり変わりませんが、
それらの線から派生した支線と呼ばれる短い線は、増えたり、減ったり、伸びたり、
濃くなったりするそうです。

では、どんなタイミングで変わるのでしょうか?

就職、転職、結婚、出産など、人生の流れが大きく変わる節目のタイミングで手相は
変わりやすいとされています。手相が変わるタイミングの科学的根拠は解明されていませんが、
統計結果にも表れているのです。よく、『手相はいつ見てもらうべきか?』
『次はいつ見てもらえばいいか?』と思われるかもしれませんが、適切なタイミングは人に
よって異なるみたいです。


copyright(C)恋愛みちしるべ